【UNIQLO×Theory】ポロシャツと感動イージーパンツを購入したのでレビュー

UNIQLO(ユニクロ)とTheory(セオリー)がコラボ

f:id:minimarisuto333:20200620202032j:image

人気ファストファッションブランドUNIQLO(ユニクロ)と、ニューヨーク生まれのコンテンポラリーファッションブランドTheory(セオリー)が、2020年春夏コレクションでコラボレーション作品を発表しました。

アイテムの発売日は、2020年6月19日(金)。さっそく、翌日の6月20日、銀座に新しくできた「UNIQLO TOKYO(ユニクロトーキョー)」へ買いに行ってきました。

Theory(セオリー)とは?

冒頭でもお伝えしたように、Theoryはニューヨーク生まれのコンテンポラリーファッションブランドです。

コンテンポラリーファッションとは、クラシカルな要素に現代的なトレンド・流行を組み込んだファッションスタイルのこと。

Theoryのアイテムには、一目見ただけでTheoryだと分かるような特徴はありませんが、先進的かつ普遍的なスタイルの商品が多いので、ちょっとの品のある暮らしにピッタリです。

イメージとなるキーワードとしては、アーバン(都会的)・モダン(現代的)・クラシカル(古典風)などが挙げられ、「次世代のニュースタンダード」というコンセプトが掲げられています。

UNIQLO×Theory|メンズのラインナップ

f:id:minimarisuto333:20200620180828p:plain

「UNIQLO×Theory 2020年春夏コレクション」のメンズラインナップは、下記の4種類。 それぞれに3つのカラーがラインナップされています。

  • エアリズムジャージースリムフィットポロシャツ
  • エアリズムカノコスリムフィットポロシャツ
  • 感動イージーパンツ(ウルトラライト)
  • 感動イージーショートパンツ

【購入品紹介】ポロシャツと感動イージーパンツ

f:id:minimarisuto333:20200620202048p:image

すべてのラインナップを手に取って見てきたのですが、今回は特に「いいな」と思った下記の2種類を購入してきました。

  • エアリズムジャージースリムフィットポロシャツ
  • 感動イージーパンツ(ウルトラライト)

いいと感じたポイントや着心地、サイズ感などをレビューしていきたいと思います。

着用者情報

  • Height:175cm
  • Weight:63kg
  • Foot:27cm

アーバンライクなエアリズムのポロシャツ

f:id:minimarisuto333:20200620180855j:plain

まず初めに紹介するのは、「エアリズムジャージースリムフィットポロシャツ」。カラーはネイビーを購入しました。

f:id:minimarisuto333:20200620180850j:plain

購入したのは、Lサイズです。身長的にはMサイズも適正に入るのですが、私は肩幅が広いためMサイズでは胸囲が足りませんでした。Lサイズであれば胸囲にゆとりがあるため、このようにパツパツ感もなく着ることができます。

着心地について、化学繊維100%で作られているため肌触りがさらさらとしています。エアリズムの技術が用いられているだけあって、着心地に関するストレスはゼロに近いです。

f:id:minimarisuto333:20200620180809j:plain

襟は、レギュラーカラーとステンカラーの間くらい。普通のポロシャツよりも少しだけ大きく感じました。また、実は「襟:黒・ボディ:ネイビー」といったように、色が分かれています。

ボタンに関しても通常のポロシャツとの違いがあり、第1ボタンは表から見えますが、第2と第3のボタンは上から生地が被さっているため表から見えません。

f:id:minimarisuto333:20200620180820j:plain

手を広げてみるとこのようなサイズ感。スリムフィットと銘打たれていますが、くびれの縫製が強く施されているわけではなさそうです。ほどよくリラックス感があって、窮屈さは全く感じられません。

f:id:minimarisuto333:20200620180813j:plain

背面には何の柄もありません。

ノータックでオンオフ使える感動イージーパンツ

f:id:minimarisuto333:20200620180842j:plain

次に紹介するのは、感動イージーパンツ(ウルトラライト)。黒・ベージュ・オリーブの3色が展開されているのですが、私は黒を選びました。

サイズはMです。丈に関して、私の場合ほぼピッタリだったため裾上げはしていません。

f:id:minimarisuto333:20200620180805j:plain

シルエットは全体的に細めで、ストレートに近いと思います。テーパードはそれほど強くありません。

f:id:minimarisuto333:20200620180859j:plain

特徴的なのが、股上が浅いこと。最近のトレンドは、股上が深くリラックスして穿けるパンツですがカジュアルな印象が強いため、スマートさを演出するには不向きです。その点、このパンツは股上が浅いため全体的にスッキリとしたスマートな印象を与えます。ここは、Theoryらしさを感じられるポイントだなーと思いました。

セットアップで着てみる

f:id:minimarisuto333:20200620180835j:plain

セットアップで着るとこのような感じです。Theoryらしい、スマートな着こなしができます。

f:id:minimarisuto333:20200620180838j:plain

ピッタリと合うサイズを選べば、フォーマルなシチュエーションでも使えそうですね。

【まとめ】UNIQLO(ユニクロ)×Theory(セオリー)は大満足

f:id:minimarisuto333:20200620180846j:plain

ポロシャツは「休日のお父さん」といったイメージが強く、自分の好みと合わなかったので全く着てこなかったのですが、UNIQLO×Theoryのポロシャツはきれいに着こなせるので買ってよかったです。

また、感動イージーパンツも、リラックス感とスマートさのバランスがちょうどよく、様々な着こなしに使いまわせそうなので、手に入れてよかったなーと思います。

セットアップで着るとドレス感が強くなるので、スニーカーで外したり上下のどちらかを変えたりして楽しむ予定です。

ここまで読んでくれてありがとうございました。また何か購入したら記事を書きたいと思います。

▼StevenAlanのシャツも紹介しているのでよかったら見てみてください

www.cool-pense.com