5ポートUSB充電器「Anker PowerPort5」がスタイリッシュかつ優秀

バイスを複数所持している人の中には、充電の確保に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

購入時に付属しているUSB充電器では、ポート数が1つしかなかったりアンペア数が低くて充電速度が遅かったりで、「使い勝手がいまいち……」と感じている方もいると思います。

また、ポート数が1つしかないとデバイスの数だけコンセントを奪われるので、コンセントが足りなくなるといったデメリットも。

そんなお悩みにおすすめなアイテムが、5ポートUSB充電器です。今回の記事では、私がおすすめする5ポートUSB充電器「Anker PowerPort5」について解説します。

5ポートUSB充電器「Anker PowerPort5」

f:id:minimarisuto333:20191108112203j:image

Anker PowerPort5(アンカーパワーポート5)とは、スマートフォンタブレットの充電機器などの販売と製造を行うハードウェアメーカー「Anker(アンカー)」から販売されているUSB充電器です。

名前の通りUSBポート数が5つあり、複数のデバイスを同時に充電することができます。iPadを充電することも可能で、スマートフォンタブレットを複数所持している方にピッタリのアイテム。

Anker(アンカー)とは

Ankerは、Google出身の複数の若者によって立ち上げられた会社です。2011年に創業されました。モバイルバッテリーやUSB充電器など、スマート機器の認知度が高いメーカーで、スタイリッシュなデザインと優れた性能で人気を集めています。

私の中では、シンプル・アーバン・スタイリッシュ・洗練といったようなワードイメージです。

5ポートUSB充電器「PowerPort5」をレビュー

f:id:minimarisuto333:20191108112200j:image

それでは、今回私が購入したAnker PowerPort5をレビューしていきたいと思います。上記の写真は、実際の商品パッケージです。デザインや性能、サイズや重さなど、購入にあたって気になるポイントをまとめました。

実物デザイン

f:id:minimarisuto333:20191108112216j:image

実物のデザインはこのような感じ。基本的な形はスクエアで、角は丸みを帯びています。黒いボディの真ん中には、ブランドのロゴである「Anker」の文字が。無駄がなく洗練されたデザインです。

カラーは白と黒の2種類から選べるみたいですが、私はガジェット感が強いほうが好みなので、黒にしました。

サイズ

f:id:minimarisuto333:20191108112153j:image

本体のサイズは、非常にコンパクト。91×58×27mmなので、トランプとほとんど同じ大きさです。設置するために広いスペースを必要としないので、あらゆる場所に置いておけますよ。デスクの上に置いていても、全く気になりません。

重さ

重さは、約150g。iPhone11よりも軽いといえば、その軽さが伝わるでしょうか。サイズがコンパクトかつ重さが軽いので、持ち運びにとても便利です。

USB充電器としての性能

f:id:minimarisuto333:20191108112208j:image

USB充電器を選ぶときに最も気になるポイントといっても過言ではない、性能面。Anker PowerPort5の性能について解説します。

1ポートで最大2.4A

USB充電器において、アンペア数というのはとても大切な指標です。アンペア数とは、電流を流せる量を指しており、アンペア数が大きいほど充電する速度が速くなります。

身近な例でいうと、iPhoneの充電器が1Aです。遅くも速くもないという印象の方が多いのではないでしょうか。

Anker PowerPort5は、1ポートで最大2.4Aまで電流を流すことができます。iPhoneの充電器と比較すると、2.4倍の量を流せるということになりますね。つまり、2.4倍の速さで充電することができるんです。すぐにデバイスを充電したいときに役立ちますよ。

また、1ポート最大という表現について、「最大ということは、パフォーマンスにブレがあるってこと?」と思う方もいるでしょう。これは、複数のポートを設けているUSB充電器によくある表現です。

こういうときは、全ポートで何アンペアを流せるのかが判断基準になります。

同じように1ポートあたり最大2.4Aだとしても、全ポートで4アンペアしか流せないのであれば、すべてのポートを使用した場合の1ポートあたりのアンペア数は、1以下になってしまうというわけです。

Anker PowerPort5は、全ポートで8アンペアを流すことができます。すべてのポートを利用したとしても1.6アンペアを流せるので、iPhoneの充電器を使うよりも速く充電することが可能です。

Anker独自の技術によりどのデバイスでも急速充電が可能

通常のUSB充電器では、充電するデバイスによって充電速度が変わってしまうことが多いのですが、AnkerはPowerIQとVoltageBoostという独自の技術を搭載することで、どのデバイスでも急速に充電することを可能としているんです。

iPadiPhoneなど、幅広いデバイスをすばやく充電することができます。

コード長さは1.5m

f:id:minimarisuto333:20191108112157j:image

PowerPort5は、本体とコンセントをコードによってつなぎます。コードの長さは約1.5m。結構な長さがあるので、コンセントとUSB充電器の置き場所が離れている場合に便利です。

USBポート数は5つ

f:id:minimarisuto333:20191108112149j:image

記事の冒頭からお伝えしている通り、USBポート数は5つです。3つのUSBケーブルをつないでみました。加湿器とiPhoneとモバイルWi-Fiの充電ケーブルです。最近では加湿器もUSB充電を必要とするので助かります。

コンパクトに設計されている分、ケーブル同士の距離は近くなりますが、抜き差しには問題ありません。

価格

価格は、楽天で3,000円くらいでした。USB充電器の中では少し値が張るかもしれませんが、安いデジタル機器は品質が粗悪なことが多いので、多少投資することをおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Anker PowerPort 5 40W5ポート USB急速充電器 ACアダプ...
価格:2980円(税込、送料無料) (2019/11/10時点)

楽天で購入

5ポートUSB充電器でガジェットの充電をより快適に

f:id:minimarisuto333:20191108112212j:image

バイスが複数になってしまい、USB充電器が足りないとお悩みの方はぜひAnker PowerPort5を使ってみてください。性能がよく、見た目もスタイリッシュなので、気分が上がりますよ。